HOME
全国社交飲食業生活衛生同業組合連合会の「コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」 について
大分県による大分ガイドラインの検証と未対応への対応指導
 
全社連のコロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(全59項目)が6月13日に発表されました、
大分県生活環境部 食品・生活衛生課 より大分県に提出した(5/20)大分県社交飲食業生活衛生同業組合のガイドライと比較検証結果を、ご報告いただきました。

 ・ガイドライン検証PDF   ・ガイドライン未対応抜粋PDF 
 ・大分ガイドラインPDF   ・大分ガイドラインチェックリストPDF
 

大分県生活環境部 食品・生活衛生課 より

①全国版ガイドライン(59項目)と大分版ガイドライン(12項目)の比較

59項目中 対応済み○23項目 一部対応済み△7項目 未対応×29項目

②大分版で未対応×29項目の内を抜き出した表(内8項目は食品衛生法で対応済み) 

未対応の中で是非対応された方が良いと思う項目に黄色の網掛けしています。


令和2年5月20日

大分県社交飲食業生活衛生同業組合

コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン

1、 お客様には入店時に緊急時連絡先を記帳していただく、拒否する方は入店を断る

2、店内の換気の徹底

3、座席の間隔をあける

 4、大声での会話を行わない(カラオケ等の自粛)

5、入店者の数、滞在時間の制限を設け、店内が混雑しないよう徹底

6、入口に於いて入店者の手指の消毒

7、従業員のマスク着用 手指の消毒

8、複数の人の手が触れる場所や物品を適宜消毒(ドア、テーブル、イス、トイレ掃除、特に手の触れる場所の拭き上げ消毒)

9、手や口が触れるような物(グラス、箸、など)は適宜に洗浄消毒をする

10、トイレ等のハンドドライヤーは止める、共通のタオルは禁止、ペーパータオルの設置

11、従事者の健康チェックの徹底、特に熱の有無、熱の有る者は出勤させない

12、感染者、濃厚接触者が確認されたら保健所に報告、指導を受ける


 
大分県による大分ガイドラインの検証、指導
 
社交飲食業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン 大分県社交飲食業生活衛生同業組合チェックリスト(5月20日)
令和2年6月13日
- 対応 対応番号等
1.ガイドラインについて
感染拡大の予防と社会経済活動の両立を図っていくに当たっては、事業者において提供するサービスの場面ごとに具体的な感染予防を検討し実践することが必要になる。
2.感染防止のための基本的な考え方
いわゆる「三つの密」を避け、手洗いなどの一般衛生管理の実施、人と人との間隔の確保(できるだけ2mを目安に(最低1m)確保するよう努める)等を通じて、お客様と社交飲食業に働く従業員の安全・安心を確保するための参考となる具体的取組等を示すことを旨とする。
社交飲食業には、カフェー、バー、キャバレー、スナックなど様々な営業種別があり、さらには接待行為の有無やカウンター、テーブルといった設備などにより様々な営業形態が存在するそれぞれの営業形態に応じた感染防止対策を講ずる必要がある。
3.施設管理者が講じるべき具体的な対策
(1)リスク評価
①接触感染のリスク評価 ドアノブなど高濃度接触部位に特に注意を要する。
②飛沫感染のリスク評価 人と人との距離や、施設内で大声などを出す場所がどこかを評価する。
(2)施設内の各所における対応策
①留意すべき基本原則と各エリア・場面の共通事項
1 ・ 店舗では食品衛生法を遵守して食品の安全で衛生的な取扱いを徹底させる。 ×
2 ・ 営業時間や提供メニュー品目の工夫、予約・空席状況等について、お客様へ店内外の掲示やITテクノロジー等を積極的に活用して情報発信し、店舗が社会的距離や安全性を考慮して感染防止に努めながら営業していることをお客様に理解していただく。 ×
3 ・ 国や自治体から適宜発表される最新情報(方針や助言)の確保に留意し、新型コロナウイルス感染症防止対策として以下の基本事項を確実に押さえながら、事業を継続する。 チェックリスト
4 ・ 人との接触をできるだけ避け、対人距離を確保する。(できるだけ2mを目安に(最低1m) 3
5 ・ 感染防止のためお客様の整理を行う。(密にならないように対応(店舗定員の50%を目安とする。)。発熱またはその他の感冒様症状を呈している者の入店制限を含む。) 5
6 ・ 入店時にアンケートを実施し、連絡先や体調を記載してもらう。アンケート用紙は適切な期間(当面の間1ヶ月を目安に)保存する。 1
7 ・ 入口及び施設内の手指の消毒設備の設置または石鹸と流水による手洗いの励行。 6
8 ・ マスク(適宜フェイスガード)の着用(従業員及びお客様に対する周知)。 7
9 ・ 施設の換気(2つの窓を同時に開けるなどの対応も考えられる)。サーキュレーターの使用、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則第7条」に反しない限りの定期的な窓開け。 2
10 ・ お客様の入れ替わりに応じて、適宜、施設及び共用物品の消毒。 8
11 ・ お客様が共用する物品や手が頻回に触れる箇所を工夫して最低限にする。 ×
12 ・ 人と人が対面するカウンター席等は、できるだけアクリル板・透明ビニールカーテンなどで遮蔽するなどの工夫をする。 ×
13 ・ 適切な予防策を講じるため飲酒が過量にならないよう注意喚起する。 ×
②お客様の安全
1)入店時
14 ・ 店舗入口には、以下の場合は入店をお断りさせていただく旨を掲示する。
-入店前に検温を行い、発熱がある場合
-咳・咽頭痛などの症状がある場合
-新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触がある場合
-過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされる国・地域等への渡航並びに当該国・地域の在住者との濃厚接触がある場合
×
15 ・ 店舗入口や手洗い場所には、手指消毒用に消毒液(消毒用アルコール等)を用意する。 6
16 ・ 店舗入口及び店内に、食事中以外はマスクの着用をお願いする旨掲示する。 ×
17 ・ 飛沫感染・接触感染を防止するために十分な間隔(できるだけ2mを目安に(最低1m)確保するよう努める)をとることが重要であることをお客様に理解してもらい、店内が混み合う場合は入店を制限する。 5
18 ・ 重症化リスクが高い高齢者や基礎疾患のある方には十分な配慮を行う。 ×
2)客席へのご案内
19 ・ テーブルは、飛沫感染予防のためにパーティションで区切るか、できるだけ2m(最低1m)以上の間隔を空けて横並びで座れるように配置を工夫し、カウンター席は密着しないように適度なスペース(できるだけ2mを目安に(最低1m)確保するよう努める)を空けるまたはパーティションで区切るなど工夫する。 ×
20 ・ 真正面の配置を避けるか、またはテーブル上にできるだけ区切りのパーティション(アクリル板等)を設けるなど工夫する。 ×
3)テーブルサービスとカウンターサービス
〈共通事項〉
21 ・ テーブルサービスで注文を受けるときは、お客様の正面を避けて立ち、間隔(できるだけ2m を目安に最低1m)確保するよう努める)を保つ。 ×
22 ・ お客様が入れ替わる都度、テーブル・カウンターを消毒する。 8
23 ・ カウンターサービスは、従業員とカウンター席との間隔(できるだけ2mを目安に(最低1m)確保するよう努める)を保つ。 ×
24 ・ カウンターで注文を受けるときはお客様の正面に立たないように注意する。 ×
25 ・ カウンターでは、従業員のマスク着用のほか、できるだけ区切りのパーティションの設置など工夫する。 7
26 ・ 従業員はトイレ使用後など頻繁に石鹸と流水による手洗いを実施し、テーブル移動時には手指消毒を励行する。特に、お客様にグラス等を手渡す者は注意する。 7・9
27 ・ お客様同士のお酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けるよう、業態に応じ、掲示等により注意喚起する。 ×
28 ・ 個室を使用する場合は、十分な換気を行う。 2
29 ・ お客様には来店時やトイレ使用後に石鹸と流水による手洗いや手指消毒を行うよう注意喚起する。 6
〈接待行為を伴う店舗の留意事項〉
30 ・ フルーツや菓子などは、大皿は避けて、料理は個々に提供する、従業員等が取り分けるなど工夫する。 ×
31 ・ カラオケを歌うお客様にもマスク(適宜フェイスガード)の着用をお願いする。 ×
32 ・ カラオケマイクの定期的な消毒。(お客様ごとまたは30分に一度程度) ×
33 ・ お客様の横に着いて一緒にカラオケやダンス等を行うなどの接客は、当面の間自粛する。 4
34 ・ お客様の近距離で行うライブ、ダンス、ショー、シャンパンコールなどは当面の間自粛する。実施せざるを得ない場合は、人が密集しないよう、人数の制限や客席とステージの距離(原則2m)の確保を行う。 5
4)会計処理
35 ・ 会計処理に当たる場合は、可能であれば、電子マネー等の非接触型決済を導入する。現金、クレジットカード等の受け渡しが発生する場合には、手渡しで受け取らず、コイントレイ(キャッシュトレイ)などを使用する。また、コイントレイは定期的に消毒する、会計の都度手指を消毒するなど工夫する。 ×
③ 従業員の安全衛生管理
36 ・ 従業員は必ず出勤前に体温を計る。発熱や風邪の症状がみられる場合
は、店舗責任者にその旨を報告し、自宅待機とする。
11
37 ・ 従業員は出勤時に必ず体温を計り、店舗責任者に報告する。 11
38 ・ 従業員の健康管理において最も重要なことは、各自が店舗に新型コロナウイルスを持ち込まないことである。 11
39 ・ 店舗責任者は従業員の緊急連絡先や勤務状況・健康状態を把握するように努める。 11
40 ・ 感染した従業員、濃厚接触者と判断された従業員の就業は禁止する。 11
41 ・ 店舗ではマスク(適宜フェイスガード)を適切に着用し、頻繁かつ適切な手洗い等を徹底する。 7
42 ・ 従業員やその家族が過度な心配や恐怖心を抱かないよう、また風評被害や誤解などを受けないよう、事業者は現状を的確に従業員に伝える(従業員へのリスク・コミュニケーション)。 ×
43 ・ 食品を扱う者の健康管理と衛生管理を徹底する。 ×
44 ・ 従業員のロッカールームや控え室(以下「控え室」という。)は換気し、空調設備は定期的に清掃する。 ×
45 ・ 控え室は、一度に休憩する人数を減らし、対面で飲食や会話をしないようにするとともに、従業員が出入りする際は、入退室の前後に手洗いをする。 7
46 ・ 控え室において従業員は十分な対人距離(できるだけ2mを目安に(最低1m)確保するよう努める)を確保する。 ×
47 ・ 新型コロナウイルス感染症と診断された場合や、新型コロナウイルス感染症患者と濃厚接触があり、保健所から自宅待機等の措置を要請された場合は、速やかに管理者等に報告するとともに、従業員の就業は禁止することを周知する。 12
48 ・ これらの報告を受ける担当者及び情報を取り扱う範囲を定め、従業員に周知を行う。 ×
49 ・ 顔や髪をさわらない。 ×
50 ・ 新型コロナウイルス感染症についての相談目安及び「保健所」、「帰国者・接触者相談センター」の連絡先を従業員に周知を行う。 ×
④ 店舗の衛生管理
51 ・ 店内(客席)は適切な換気設備の設置及び換気設備の点検を行い、徹底した換気を行う(窓・ドア等の定期的な開放、常時換気扇の使用など)。 2
52 ・ 店内清掃を徹底し、店舗のドアノブ等の設備等、多数の人が触れる箇所は定期的にアルコール消毒薬や次亜塩素酸ナトリウムで清拭する。また、テーブル、イスなどはお客様の入れ替わる都度、アルコール消毒薬や次亜塩素酸ナトリウム、台所用洗剤(界面活性剤)で清拭する。 8
53 ・ 従業員は、店内の一箇所にお客様が集まらないように留意する。 5
54 ・ トイレは毎日清掃し、ドアやレバー等の不特定多数が触れる箇所は定期的にアルコール消毒薬、次亜塩素酸ナトリウムで清拭する。 8
55 ・ トイレのハンドドライヤーは使用を中止し、ペーパータオルを置くか、個人用にタオルを準備する。また、汚物は蓋をして流すよう、使用者に注意を促す。 10
56 ・ 厨房の調理設備・器具を台所洗剤(界面活性剤)で清拭し、作業前後の手洗いなど、従来から取り組んでいる一般的な衛生管理を徹底する。 ×
57 ・ 感染防止対策に必要な物資(消毒剤、マスク、手袋、ペーパータオル及びそれらの使い捨て用品を廃棄する容器等)の一覧表(リスト)を作成し、十分な量を準備しておくか、または緊急時にすぐに入手できるよう予め手配をしておく。平時から使用した分をその都度補充し、常に一定の必要量を備蓄しておくことが望ましい(ローリングストック)。 ×
58 ・ ユニフォームや衣服はこまめに洗濯する。 ×
59 ・ 食品残渣、鼻水、唾液などが付いた可能性のあるごみ等の処理は手袋・マスクを着用してビニール袋等に密封して縛り、マスクや手袋を着用して回収する。マスクや手袋を脱いだ後は、必ず手を洗う。 ×
○23
△7
×29 計59項目

 
社交飲食業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン 大分県社交飲食業生活衛生同業組合チェックリスト(5月20日)
令和2年6月13日
- 対応 措置
1.ガイドラインについて
感染拡大の予防と社会経済活動の両立を図っていくに当たっては、事業者において提供するサービスの場面ごとに具体的な感染予防を検討し実践することが必要になる。
2.感染防止のための基本的な考え方
いわゆる「三つの密」を避け、手洗いなどの一般衛生管理の実施、人と人との間隔の確保(できるだけ2mを目安に(最低1m)確保するよう努める)等を通じて、お客様と社交飲食業に働く従業員の安全・安心を確保するための参考となる具体的取組等を示すことを旨とする。
社交飲食業には、カフェー、バー、キャバレー、スナックなど様々な営業種別があり、さらには接待行為の有無やカウンター、テーブルといった設備などにより様々な営業形態が存在するそれぞれの営業形態に応じた感染防止対策を講ずる必要がある。
3.施設管理者が講じるべき具体的な対策
(1)リスク評価
①接触感染のリスク評価 ドアノブなど高濃度接触部位に特に注意を要する。
②飛沫感染のリスク評価 人と人との距離や、施設内で大声などを出す場所がどこかを評価する。
(2)施設内の各所における対応策
①留意すべき基本原則と各エリア・場面の共通事項
1 ・ 店舗では食品衛生法を遵守して食品の安全で衛生的な取扱いを徹底させる。 × 食品衛生法
2 ・ 営業時間や提供メニュー品目の工夫、予約・空席状況等について、お客様へ店内外の掲示やITテクノロジー等を積極的に活用して情報発信し、店舗が社会的距離や安全性を考慮して感染防止に努めながら営業していることをお客様に理解していただく。 × 追加周知
3 ・ 国や自治体から適宜発表される最新情報(方針や助言)の確保に留意し、新型コロナウイルス感染症防止対策として以下の基本事項を確実に押さえながら、事業を継続する。 チェックリスト
4 ・ 人との接触をできるだけ避け、対人距離を確保する。(できるだけ2mを目安に(最低1m) 3
5 ・ 感染防止のためお客様の整理を行う。(密にならないように対応(店舗定員の50%を目安とする。)。発熱またはその他の感冒様症状を呈している者の入店制限を含む。) 5
6 ・ 入店時にアンケートを実施し、連絡先や体調を記載してもらう。アンケート用紙は適切な期間(当面の間1ヶ月を目安に)保存する。 1
7 ・ 入口及び施設内の手指の消毒設備の設置または石鹸と流水による手洗いの励行。 6
8 ・ マスク(適宜フェイスガード)の着用(従業員及びお客様に対する周知)。 7
9 ・ 施設の換気(2つの窓を同時に開けるなどの対応も考えられる)。サーキュレーターの使用、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則第7条」に反しない限りの定期的な窓開け。 2
10 ・ お客様の入れ替わりに応じて、適宜、施設及び共用物品の消毒。 8
11 ・ お客様が共用する物品や手が頻回に触れる箇所を工夫して最低限にする。 × 追加周知
12 ・ 人と人が対面するカウンター席等は、できるだけアクリル板・透明ビニールカーテンなどで遮蔽するなどの工夫をする。 × 追加周知
13 ・ 適切な予防策を講じるため飲酒が過量にならないよう注意喚起する。 × 追加周知
②お客様の安全 追加周知
1)入店時 追加周知
14 ・ 店舗入口には、以下の場合は入店をお断りさせていただく旨を掲示する。
-入店前に検温を行い、発熱がある場合
-咳・咽頭痛などの症状がある場合
-新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触がある場合
-過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされる国・地域等への渡航並びに当該国・地域の在住者との濃厚接触がある場合
× 追加周知
15 ・ 店舗入口や手洗い場所には、手指消毒用に消毒液(消毒用アルコール等)を用意する。 追加周知
16 ・ 店舗入口及び店内に、食事中以外はマスクの着用をお願いする旨掲示する。 × 追加周知
17 ・ 飛沫感染・接触感染を防止するために十分な間隔(できるだけ2mを目安に(最低1m)確保するよう努める)をとることが重要であることをお客様に理解してもらい、店内が混み合う場合は入店を制限する。 追加周知
18 ・ 重症化リスクが高い高齢者や基礎疾患のある方には十分な配慮を行う。 × 追加周知
2)客席へのご案内 追加周知
19 ・ テーブルは、飛沫感染予防のためにパーティションで区切るか、できるだけ2m(最低1m)以上の間隔を空けて横並びで座れるように配置を工夫し、カウンター席は密着しないように適度なスペース(できるだけ2mを目安に(最低1m)確保するよう努める)を空けるまたはパーティションで区切るなど工夫する。 × 追加周知
20 ・ 真正面の配置を避けるか、またはテーブル上にできるだけ区切りのパーティション(アクリル板等)を設けるなど工夫する。 × 追加周知
3)テーブルサービスとカウンターサービス 追加周知
〈共通事項〉 追加周知
21 ・ テーブルサービスで注文を受けるときは、お客様の正面を避けて立ち、間隔(できるだけ2m を目安に最低1m)確保するよう努める)を保つ。 × 追加周知
22 ・ お客様が入れ替わる都度、テーブル・カウンターを消毒する。 追加周知
23 ・ カウンターサービスは、従業員とカウンター席との間隔(できるだけ2mを目安に(最低1m)確保するよう努める)を保つ。 × 追加周知
24 ・ カウンターで注文を受けるときはお客様の正面に立たないように注意する。 × 追加周知
25 ・ カウンターでは、従業員のマスク着用のほか、できるだけ区切りのパーティションの設置など工夫する。 追加周知
26 ・ 従業員はトイレ使用後など頻繁に石鹸と流水による手洗いを実施し、テーブル移動時には手指消毒を励行する。特に、お客様にグラス等を手渡す者は注意する。 追加周知
27 ・ お客様同士のお酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けるよう、業態に応じ、掲示等により注意喚起する。 × 追加周知
28 ・ 個室を使用する場合は、十分な換気を行う。 追加周知
29 ・ お客様には来店時やトイレ使用後に石鹸と流水による手洗いや手指消毒を行うよう注意喚起する。 追加周知
〈接待行為を伴う店舗の留意事項〉 追加周知
30 ・ フルーツや菓子などは、大皿は避けて、料理は個々に提供する、従業員等が取り分けるなど工夫する。 × 追加周知
31 ・ カラオケを歌うお客様にもマスク(適宜フェイスガード)の着用をお願いする。 × 追加周知
32 ・ カラオケマイクの定期的な消毒。(お客様ごとまたは30分に一度程度) × 追加周知
33 ・ お客様の横に着いて一緒にカラオケやダンス等を行うなどの接客は、当面の間自粛する。 追加周知
34 ・ お客様の近距離で行うライブ、ダンス、ショー、シャンパンコールなどは当面の間自粛する。実施せざるを得ない場合は、人が密集しないよう、人数の制限や客席とステージの距離(原則2m)の確保を行う。 追加周知
4)会計処理 追加周知
35 ・ 会計処理に当たる場合は、可能であれば、電子マネー等の非接触型決済を導入する。現金、クレジットカード等の受け渡しが発生する場合には、手渡しで受け取らず、コイントレイ(キャッシュトレイ)などを使用する。また、コイントレイは定期的に消毒する、会計の都度手指を消毒するなど工夫する。 × 追加周知
③ 従業員の安全衛生管理 追加周知
36 ・ 従業員は必ず出勤前に体温を計る。発熱や風邪の症状がみられる場合
は、店舗責任者にその旨を報告し、自宅待機とする。
追加周知
37 ・ 従業員は出勤時に必ず体温を計り、店舗責任者に報告する。 追加周知
38 ・ 従業員の健康管理において最も重要なことは、各自が店舗に新型コロナウイルスを持ち込まないことである。 追加周知
39 ・ 店舗責任者は従業員の緊急連絡先や勤務状況・健康状態を把握するように努める。 追加周知
40 ・ 感染した従業員、濃厚接触者と判断された従業員の就業は禁止する。 追加周知
41 ・ 店舗ではマスク(適宜フェイスガード)を適切に着用し、頻繁かつ適切な手洗い等を徹底する。 追加周知
42 ・ 従業員やその家族が過度な心配や恐怖心を抱かないよう、また風評被害や誤解などを受けないよう、事業者は現状を的確に従業員に伝える(従業員へのリスク・コミュニケーション)。 × 追加周知
43 ・ 食品を扱う者の健康管理と衛生管理を徹底する。 × 食品衛生法
44 ・ 従業員のロッカールームや控え室(以下「控え室」という。)は換気し、空調設備は定期的に清掃する。 × 追加周知
45 ・ 控え室は、一度に休憩する人数を減らし、対面で飲食や会話をしないようにするとともに、従業員が出入りする際は、入退室の前後に手洗いをする。 追加周知
46 ・ 控え室において従業員は十分な対人距離(できるだけ2mを目安に(最低1m)確保するよう努める)を確保する。 × 追加周知
47 ・ 新型コロナウイルス感染症と診断された場合や、新型コロナウイルス感染症患者と濃厚接触があり、保健所から自宅待機等の措置を要請された場合は、速やかに管理者等に報告するとともに、従業員の就業は禁止することを周知する。 追加周知
48 ・ これらの報告を受ける担当者及び情報を取り扱う範囲を定め、従業員に周知を行う。 × 追加周知
49 ・ 顔や髪をさわらない。 × 食品衛生法
50 ・ 新型コロナウイルス感染症についての相談目安及び「保健所」、「帰国者・接触者相談センター」の連絡先を従業員に周知を行う。 × 食品衛生法
④ 店舗の衛生管理 食品衛生法
51 ・ 店内(客席)は適切な換気設備の設置及び換気設備の点検を行い、徹底した換気を行う(窓・ドア等の定期的な開放、常時換気扇の使用など)。 食品衛生法
52 ・ 店内清掃を徹底し、店舗のドアノブ等の設備等、多数の人が触れる箇所は定期的にアルコール消毒薬や次亜塩素酸ナトリウムで清拭する。また、テーブル、イスなどはお客様の入れ替わる都度、アルコール消毒薬や次亜塩素酸ナトリウム、台所用洗剤(界面活性剤)で清拭する。 食品衛生法
53 ・ 従業員は、店内の一箇所にお客様が集まらないように留意する。 食品衛生法
54 ・ トイレは毎日清掃し、ドアやレバー等の不特定多数が触れる箇所は定期的にアルコール消毒薬、次亜塩素酸ナトリウムで清拭する。 食品衛生法
55 ・ トイレのハンドドライヤーは使用を中止し、ペーパータオルを置くか、個人用にタオルを準備する。また、汚物は蓋をして流すよう、使用者に注意を促す。 食品衛生法
56 ・ 厨房の調理設備・器具を台所洗剤(界面活性剤)で清拭し、作業前後の手洗いなど、従来から取り組んでいる一般的な衛生管理を徹底する。 × 食品衛生法
57 ・ 感染防止対策に必要な物資(消毒剤、マスク、手袋、ペーパータオル及びそれらの使い捨て用品を廃棄する容器等)の一覧表(リスト)を作成し、十分な量を準備しておくか、または緊急時にすぐに入手できるよう予め手配をしておく。平時から使用した分をその都度補充し、常に一定の必要量を備蓄しておくことが望ましい(ローリングストック)。 × 食品衛生法
58 ・ ユニフォームや衣服はこまめに洗濯する。 × 食品衛生法
59 ・ 食品残渣、鼻水、唾液などが付いた可能性のあるごみ等の処理は手袋・マスクを着用してビニール袋等に密封して縛り、マスクや手袋を着用して回収する。マスクや手袋を脱いだ後は、必ず手を洗う。 × 食品衛生法